珈琲堂

のぼりに釣られてアングラ訪問

カフェ巡り車旅を終えて北海道へ帰る途中、青森で停泊。

ということで、カフェを探してウロウロ。

一軒目。

わかりにくい場所にあり、コーヒーが美味しいお店があるとの事で行ってみる。ようやく見つけた一軒目。休業日。。。

仕方なく来た道を戻っていると、coffeeののぼりを見つけた。少し古い感じで中がどうなってるのか気になる。

という事で入店。

アングラ。

失礼だけど、古い喫茶店。趣があって良い。

しかも、食事はほとんどなく、ほぼコーヒーのみで26年。平成元年創業。

新青森駅よりは新しい。

マンデリンとブレンド(計740円)をたしなみつつカウンターでマスターと談話。

普段話す事の無い世代の人との交流は、時としてスリリングで面白い。

沢山カフェがあるのに、たまたま入ったお店で全く接点の無い人と話す。これもカフェ巡りの楽しみ方。

「おしるこ始めました。」

え?

そのセンスが欲しいww

店内入り口付近に創業当時の写真が有った。創業当時の写真とのこと。

「横の方は奥さんですか?」

「母ですね」

失礼しました・・・と、少し居づらくなり早めに退散。

数年前までは、お母様もコーヒーを淹れていたと後から調べて知った。

まだご健在との事だった。

車移動が多くなると、ガソリンとコーヒーの消費量が増える。

メニュー