豆を買うならハンドピックが良い?

虫食いなどの豆は体にも舌にも良くないらしい

午前中に珈琲を飲みに行ったら、カウンターでハンドピックをしている姿を見かけた。一つ一つ確認しながらの作業というのも大変な手間だけど、味の善し悪しには欠かせない重要な作業。

その光景を見た当時は、ハンドピックがそこまで大事な作業だとは思わずに居たけど、ネットで調べてハンドピックについて書かれているコーヒー店の説明を見ていると、虫食いのある悪い豆を取り除く事が重要だそうな。

また、大体のコーヒー店は、手間だからこの行程を省いている事。

海上輸送で海外から運ばれてくる豆は、カビが生えやすい環境にあったり、その穴こそカビの温床となりやすい事などについて書かれていた。しかも、いくら焙煎しても、そういう悪い豆が混ざっていると翌日に、肌がかゆくなったりする事でわかるらしい。

この辺の感じ方は人それぞれだと思うけど、品質の悪い豆には、そうした健康上のリスクも少なからずあるのかもしれない。

という事で、ハンドピックで悪い豆を取り除いている豆屋から購入しようかと思ってたけど、そうして探しているうちに、「なら、品質的にもオーガニックの方が良いでは?」と気になりだし、そうしたキーワードでも探してみる事に。。。

すると、オーガニックに関しては、確かに品質の良い豆も多いそうだけど、中には、全く何の手入れもしていない状態。豆を乾燥する為の設備も全て汚れきって荒れ放題のような状態の工場もあるとの事。

それでも、農薬を使用していなければオーガニックと言える不条理について書かれているサイトがあった。

こうして、コーヒー豆を探してみると、色々と注意しなくてはならない点もあるなと思ったのだけど、そう思うと、一つのコーヒー店ではなく、色々なところの豆を買って試す必要があるかなという気がした。