ハンドピックについて問い合わせ

忘れた頃にやってきた回答

ハンドピックの有無について、実際に豆を購入しているお店にメールで問い合わせをして、この辺を少し伺ってみると、原産地(現地)と店舗でハンドピックを行っているとの事。

一応、200℃程度で焙煎するのでカビ菌が活きている事は無いけど、死んでいてもカビ豆が混入していると味に影響が出るらしい。

その辺も考慮しカビ豆を取り除いているという回答が貰えたから、そこで購入する事への信頼感は上がった気がする。

もしも、好んで購入している焙煎豆がある場合、そのお店にハンドピックなどの品質チェックについて一通り確認しておく事が良いと思う。

まあ、豆にこだわっているなら当たり前に行っていると思うから、お店によっては、「そんなん当然のこと」と言われてしまうかもしれないけど、カビ豆は味が悪くなるだけでなく健康上も良くない。

いくらしっかり熱を通してカビ菌が死んでいるとしても、人によっては、アレルギーに近い症状が出る事もあるらしい・・・。

そんな豆だと、美味しくても飲むのは抵抗が出るし、実際に、変な味がある事も考えられる。

一度気になりだしたら、それが原因でなんとなく美味しく飲めないなんて事になっては、コーヒーを楽しめなくなりそうなものだ。

尚、購入した豆は、すぐ使わない分に関しては冷凍しておく方が良いとか、豆を買ってきたらそのまま冷凍庫で保存するという事を推奨している店もあるそうな。

その理由は、豆の酸化を防げる事と実際は、冷凍保存している豆の方が均一に挽きやすい事などが関係しているとの事。

また、焙煎した後の豆の保存状態を維持するという意味でカビを防ぐのにも冷凍の方が良いかもしれないけど、すでにカビが生えた豆を冷凍しても、死滅する事は無いそうなから、常温で保存していて後から気づいて冷凍しても手遅れ。

2、3日してガスのピークが過ぎてから、元のアルミの袋に入れてからジップロックで密閉し冷凍庫へという方法をしているけど、これなら、冷凍した事で臭いうつりも防げると思う。

メニュー