蒸らしとドリップでお湯の温度を変える

自分好みの味を探求中・・・

蒸らしの温度を少し高めにして、ドリップする時の温度を抑えめにする。これが、酸味も程よく、味の奥行きも感じる気がした。

今までは、蒸らしもドリップもお湯の温度を同じにして、自分好みの味を実験・模索してきたものの、何となく味が合わないという感じがあった。特に、スペシャルティコーヒーとなると、温度は、80℃位と抑えた方が良いと言われたりもするそうな・・・。

実際、九州に行った時、何度くらいで淹れているのか聞いたところ、82℃くらいと聞いたことがある。さすがに、そこまで押さえると、味覚的に甘みに近くなり、コーヒーの概念が失われる気がした。

確かに、雑味は抑えられるものの、これでは、本来のコーヒーの味わいが無い。

酸味と甘みの感覚のバランスとコーヒーらしい香り。これを実現するには、ちょっと合わないかなという感覚というか、何度淹れてもその味に近づかない・・・。

そんな折、室温がやや低く、蒸らしの時には、87℃くらいだったものの、ドリップの時には、お湯を追加してもすぐに83℃くらいまで落ちてしまう事があった。

まあ、良いかと思ってそのまま淹れていたら、今までよりも、自分好みの味になったという感じがして、それ以来、蒸らしはやや高め、本ドリップは、お湯の温度を抑えめというのを心がけてみたら、これが、割合おいしく淹れられる事に気付いた。

あくまでも、自分好みという部分だけど、甘ったるくなる事もなく、かといって苦みが強く出過ぎる事もなく。

でも、実際には、ドリップの時のお湯がポットのノズルから出る時には、温度は下がっているから、豆(粉)に触れるときの温度がどの位なのかは定かではないが、お湯の温度に違いをつけるというのは、有りかなと思う。

見た目的にも、コーヒーの味が抽出されているなと判断できる加減が見えてきた気がするから、この温度の違いをうまく取り入れながら、味の出し方の模索を続けていこうと思った。

メニュー