コーヒーの飲み過ぎは胃を荒らす?

胃カメラで実際に見た結果

コーヒーの飲み過ぎは、胃を荒らすなるなんて事がよく言われたりする。

これは、本当なのだろうか?

そんな風に思い込んでいた頃は、コーヒーを飲むと胃がキリキリ痛くなる事もあった。しかし、それが、思い込みだと知ってからは、胃酸過多になる事が無くなった。

病は気からとは、まさにこの事。となると、思い込みによるストレスかもしれない。

つい先日、胃カメラ検査を受けた。毎日、欠かさず3杯はコーヒーを飲んでいる自分の胃は、キレイなピンクで胃潰瘍の傾向も無く、何か異物ができている形跡も無かった。

医者からも「特に異常はありませんね」との一言。おまけに、ピロリ菌検査も全く心配無いレベルとの事。

もしも、コーヒーで胃が荒れるとしたら、考えられるのは、濃いのを飲んでいるとか、悪い豆が多いとか、もしくは、缶コーヒーばかりだとか。

どれも、憶測なので確かなことは言えないけど、自分も今のようにスペシャルティコーヒーを飲む前までは、市販の安いコーヒー豆を買ってきて飲む事が多く、そういう時は、数杯飲むと具合を悪くする事があった。

スーパーで売られている安いコーヒー(粉)などは、大量に豆を仕入れて、ハンドピックする事も無く大量に焙煎されて袋詰めされると思うけど、中には、欠点豆も含まれているから、そりゃ、具合も悪くなってくるわなと思う。

虫食い豆は、その虫の排泄物が残っていたり、カビた豆が入っていたり。

200℃以上の高温で焙煎するから、それらも蒸発するなんて言われているけど、やはり、欠点豆が含まれていると、敏感な人だと発疹が出てくる事もあるそうだ。

胃を荒らさないようにするとか、美味しいものを選ぶとか以前に、飲んで良いレベルのコーヒー豆を選ぶようにしていきたいところ。

メニュー