エチオピア・ネキセ(ナチュラル)

NINETY PLUS社のエチオピア豆

久しぶりにややお高いコーヒー豆を購入。
100gで1,980円。

この豆は、NINETY PLUSという会社が扱っているもので、生豆の状態から豆の大きさをハンドピックで揃えるなどしているのだとか。

その手間を考えると、100g二千円でもお得という事だった。

とりあえず、100g購入。
早速試飲。

パッケージを開封し香りを嗅いでみると、状態の良い豆に多いスパイスのような印象があった。

焙煎から3日目でも油の浮き上がりは無くサラサラしている。
ガスも落ち着き、飲むには、ちょうど良い頃合い。

蒸らしてみると、花というより果実の芳醇な香りを感じた気がした。

同じ産地(エチオピア)のイルガチェフェと比べて、香りは、少なめかなと思うものの、その分、泥臭さのようなものは無くキレイにまとまっている。

個人的には、ケニアやエチオピアの泥臭い感じは、割と好きなんですが…。

淹れてみると、香りは、そこまで強く現れない。
味は、甘みに近い酸味。

後味は、かすかに豆乳のような少しツンとしていてクリーミーな感じがしなくもないので、酸味、苦みとは違う豆特有の個性が残っているのだと思う。

上品さを感じるまろやかな味。