目を酷使を防ぐ為に使っているサプリメント

眼球内組織で役立つ抗酸化成分

主にパソコンを使った仕事をしているので、目を日頃から酷使していますが、気分転換には、ネットで動画。夕食の時には、iPadでまたまた動画を見ているというような生活を続けています。

なので、目にかかる負担は大きいかなと思っているので、少しでも緩和する為に目の健康に関わるサプリメントを使うことにしたのがかれこれ5年以上前のことです。

結果、行き着いたのがルテインのサプリメントなのですが、色々と目の健康について調べてみると、このルテインという成分が眼球内の色々な組織で重宝されているようです。

まずは、網膜。
ほかにも水晶体などにもルテインが含まれているのだとか。

網膜におけるルテインは、年齢が増すにつれて罹患者が増える加齢黄斑変性症という症状の予防に役立つのだとか。

水晶体でも同じように、加齢性白内障という症状を防ぐ上でルテインの持つ抗酸化力が有効という情報をちらほらと見かけます。

じゃあ、実際にルテインのサプリメントを使ってみて変化はあったのかというと、そこまでではないものの、続けているから維持できていて、そこが重要だということに私自身が気づけていないのかもしれません。