豆香洞コーヒー

10月25日:九州カフェ巡り旅4軒目

博多から佐賀向かう途中、通販先の新たな開拓として訪れた。

ネットで見てみると、2013年の焙煎世界大会で優勝経験を持つマスターが居るらしい。これは行ってみる価値あり。

大野城駅で降りて目的地へ向けて歩くもすぐには見つけられず、焙煎の香りを頼りに歩いて行くと在った。

店内は、やや狭め。メインは豆の販売で喫茶スペースは少なめながら、カウンター席があったのでそちらへ。

何も事前情報無しで行ったため、最初は、マスター一人かと思ったら、スタッフも含めて3人。

店のサイズで考えるとちょっと異例。マスターは、焙煎に忙しく、ドリップはスタッフが対応。

聞くところによると、系列含めて総勢20名ほどのスタッフが居るそうな。

でも、さすが、世界チャンプの居るお店。スタッフとは言え、ドリップの所作もシンプルかつ丁寧。

コスタリカ(ナチュラル)

コーヒー関連の本が色々と置いてあり本選びの参考になる。

果実特有の香りが感じやすいナチュラル。期待を裏切らない味。

際立つ甘みが印象的だけど、やはり、80℃弱と低めに淹れているそうな。

そして、ロータスのビスケット。

ケニア(深煎り)

2杯目も試してみたくなり、今度は、深煎りからケニアをチョイス。最近飲んでいたギキリマAAと比べても、まったく別物という感じの深煎りの香りと厚み。

そして、ストレートにずっしり来る苦み。

深煎りだとマンデリンは、わりかし焙煎の香りがあるけど、これは、口に入れた瞬間、舌の上にずっしり来る。

その後、スタッフと色々と話したところ、土地柄的に深煎りが好まれているらしく、焙煎も深煎りが多めとの事。

後から、他のお店でも聞いてみたところ、やはり、ここは重みや厚み、しっとりというイメージらしい。

なるほど、無骨で良い。

そして、会計が一番の衝撃だった。スペシャルティコーヒー2杯で630円は安すぎる・・・。

メニュー