珈琲グルメ

地元に愛されるレストランカフェ

福島市へと向かう途中に大内宿へと立ち寄りました。
休日という事もあり結構な混み具合。

高速を下りてからの移動が長く、
結構遠い秘境の地。
寄り道程度の安易さで行くと怪我します。

その後、福島市内へと入り駅前のホテルへチェックイン。
という事で、福島駅周辺でカフェレストランを探し訪問。

地元から愛される長く続いているお店で
店内は、レトロな雰囲気ながら広々感じられます。

何よりフードメニューが豊富なので、
昼夜問わず行く事ができる。
しかも、自家焙煎の珈琲が飲める。

ペルー

ペルーと言えば、コロンビアやブラジルと接する南米。

ほのかな香りとライトな酸味。
若干の甘みも感じられる。
時間が経つごとに次第に酸味が強調されてくる。

マスカルポーネ

最初、味が薄く感じたのでタバスコでも無いかと探したものの
食べていくうちにソースと絡み合い
次第に味が良くなっていく。

量も最初は少ないかもと思ったけど
実際に食べてみるとちょうど良い。
十分に満足。

しかも、ここのお店は接客がとても素敵。

銀座で入ったレトロなだけのお店と比べても、
接客は雲泥の差。
福島県民の人柄でしょうか。

無理に接客している感じでもなく
かと言って、何でもわかった風な事も無く。

もちろん、どこに座るのも自由。笑

カウンター席も多く、一人でも入りやすいのもうれしいところ。

>>訪問店レポート一覧へ