シェルパコーヒー

小さなコーヒー工場のようなお店と岐阜観光

長野県に滞在中、愛知県まで行く用事が出来た為、未開拓だった東海エリアでカフェ探し。

食べログで探し、岐阜市周辺で評価が高かったのがコチラのお店。

どうやらコーヒーが美味しいらしい。実際は、ほぼコーヒー専門店。豆も色々な種類取扱っている。

大体200gで千円以上が中心。スーパーで買うのと比べると3~4倍程度。

店内は、業務用の焙煎機など有り、配管が無骨に店内を通っている工場の感じとカフェが共存。なんだかクールな店内。マスターもクール。

そんな店内に興味が沸いたので写真を撮りたいと思いつつ、一応、個人経営ぽかったのでマスターに伺ったところ「ウチはダメ」と言われた。

ひとまず、注文は、メインブレンド(440円)とショコラ(380円)。デザートは、ショコラかロールケーキの2種類のようで、コーヒーメインというか、ほぼオンリーのお店。

メインブレンドは、かすかな酸味の奥に深いコクが有り、じっくり味わいながら飲める美味しいコーヒーだった。

ショコラは、あくまでもコーヒーのおまけという感じかと思いきや、結構しっとり感がありつつもくどくなく、普通に美味しい。

また、メニューと一緒にお店で売っているコーヒー豆。その特徴、生産者などが書かれたコースターサイズのメモ。それを見ていたら他の豆も是非試したくなり、グァテマラとブラジルを購入。

グァテマラは、フルーティーな香りを感じるさっぱりとした味わい。

一方のブラジルは、ストレートな苦さのパンチが有る。どちらも中々好みの味。

基本は豆のままで売ってるけど、コーヒーミルでドリップ用にしてもらった。合計3,000円超えだったけど、美味しいコーヒーが買えて満足。

岐阜城・リス・みたらし団子

岐阜へ来たついでに岐阜城(金華山)へ登ってきた。徒歩ではなく金華山ロープウェイ(往復1,080円)。

徒歩で登ってくる人も多くいるらしく、ちょっとした山登り体験ゾーンとなっているようだ。

左上にかすかに見えるのが岐阜城。かなり山の上にある難攻不落の城。

天守閣からの長めは、360度のパノラマ。岐阜市を一望できる。

岐阜城は、ロープウェイを降りてからも更に階段を上るから、そこそこ良い運動レベル。運動したら、小腹が空いたのでみたらし団子を購入。サイズ、甘さ加減、香ばしさ、結構良いバランス。一本90円という安さ。

ロープウェイ駅すぐ横にリス村(入場200円)なるものがあった。リスと触れ合うなんて滅多に無いので餌やり体験。

米ぬかのような粉の餌を渡される。

山頂でロープウェイを降りると、大半の人がまっすぐ天守閣を目指すので、少しタイミングをズラしたいならリス村へ。

メニュー