Sea Side Cafe うみぼうず

天気が良ければぁと惜しまずにはいられない

カフェ巡りも結構な数をこなしてきた事で、興味が惹かれるのは自ずと自家焙煎珈琲のある店になってしまう。美味しかったら、豆を購入していこうというのもこういう旅の醍醐味。

金沢市内のホテルを早めにチェックアウトし下道でも余裕が有ったものの念の為、高速に乗り現地へ向かうとやっぱり、開店15分位前には余裕で到着してしまった。

場所は、ビーチの真ん前という絶好のロケーション。

しかも、両サイドが小高い丘に囲まれているので、ちょっとしたプライベートビーチ感。

また、ビーチの駐車場をそのまま利用できるのもありがたい。

これで、天気が良ければ言うことなしだが、その日は、あいにくのぐずついた空模様。こればっかりは仕方ない。

ひとまず、一番乗り。

一杯目、ブラジル。ストレートは、メニューには無いものの買える豆のコーヒーなら出してくれるようだ。

味はさっぱりしていて酸味なくすっきり系のコク。

初めて食べるガレット。生地がパリパリとしていて食感が良く、最初は、味があまり感じなかったものの、次第に旨味が出てきて美味しい。

そして、大判焼きという選択肢があるのがうれしい。

コーヒーが先に無くなったので二杯目。タンザニア。

こちらもさっぱり目のコク。香りはブラジルよりやや印象的。味的には、こちらの方が好み。

マスターの趣味が感じられる個性的な店内は、トイレが特に個性的。

歴代の有名な映画のポスターに自分の顔をコラージュ。ぱっと見はコワモテだけど、ユーモア溢れる人だ。

ガレットが少し焼く時間がかかる事もあり結局、1時間ほど店内で海を眺めながらゆったり過ごし店を後に・・・。

メニュー