コーヒー豆の品種

豆について勉強中

■アラビカ種(コフィア・アラビカ):世界シェア75%

エチオピア原産で突然変異や交配により様々な品種が存在する。ティピカ、ブルボン、ゲイシャなどの原種は、生産性が少ない希少種で病原中などにも弱い。また、美味しい豆は、気温差の高さが重要で標高の高い地域が好まれるが、霜にも弱い為、標高が高すぎても育たない。

ティピカ アラビカ種の中で最古の品種で希少種。甘味ときれいな酸味が特徴。
ブルボン イエメンからマダガスカル島へ移植された小粒の品種。甘みと濃厚さが特徴。カツーラ、アマレロなど突然変異の品種もある。
ゲイシャ エチオピア起源の野生種であり希少種。ラ・エスメラルダ農園のものが高級品として扱われている。生産性の高い豆に変えられる中、険しい急斜面に植えられていた品種が残り今に至る。尚、ゲイシャは地名。日本の芸者とは無関係。
マラゴジベ ブラジルのバイア州マラゴジペで発見されたティピカの突然変異。
アマレロ ブルボンの優勢突然変異。甘みが特徴で黄色い実が名前の由来。
カツーラ ブラジルのミナス・ジェライス州で発見。ティピカと比べて酸味と渋みがやや強い。
カツアイ ムンドノーボとカツーラを交配して作られた品種で生産性が高く病害虫にも強い。赤と黄色の二種類の色の実がなるのが特徴。

■ロブスタ種(コフィア・カネフォラ)

地域ごとに異なり、ロブスタ・ウガンダ・コニロンという3つが有名。

同じコーヒー豆として扱われていてもアラビカ種とは交配できない別品種。植物学上別の種類の植物。病害虫に強く生産性が高い事から安価に手に入る。その上、低地でも栽培可能。こうした特徴から、缶コーヒーやインスタントコーヒーなどによく用いられる。

しかし、ストレートで飲むと不味いらしい。
独特の泥臭さが有り飲めたものではない事、深煎りにすると香ばしさが多少出るも、それ以上に刺激性が高く結局不味いとの事。

スーパーで売られているドリップ用の豆などにもブレンドされているという事で、過去に飲んでいた市販のコーヒーが不味いと感じていたのは、ロブスタ種だった事も関係しているかもしれない。