三本コーヒーショップ

サイフォンでここまでの味が出るとは…

2年ぶりの長野市滞在2日目。

ふと駅周辺でカフェを探して、気になったのがこちら。

レトロな昔ながらの喫茶店。

正直、コーヒーは、オリジナルブレンド位なものだろうと思っていたら、これだけのストレートが飲める…。

こんなメニューの豊富なレトロな喫茶店は、今までに訪れた事が無い。
…気がする。笑

キリマンジャロ、マロンクリーム

山を意識してこちらのチョイス。

ケーキは、モンブランが無かったので仕方ない…。

キリマンジャロ

注文から出てくるのも早い。

カップは、一瞬触るのをためらう位、お湯で温められている。
カウンターを見ると、ここは、サイフォン式だった。

正直、サイフォン式のコーヒーを飲んで、そんなに美味しいと感じた事が無い。
温度管理も出来ないから、正直、ハンドドリップには、劣るだろうと…。

違いました…。

風味が豊かで強い。
口に少し含むと、さわやかな酸味が一気に広がり、舌の奥の方へと伝わっていく。

雑味も無く、豆の鮮度を感じる。

サイフォン式でここまで美味いというか、今まで飲んだキリマンジャロの中でも、一番じゃないかと言える位美味かった。

マロンクリーム

中のクリームはややムース状。
濃厚でほどよいざらつき感が良い感じです。

ケーキの種類も豊富。

本当に美味いコーヒーは、少なめでも1杯で十分満足できる。

キリマンジャロの後味の余韻に浸っていた気持ちも有ったが、他の豆も当然気になりだし、もう1セット、ブラジルとレアチーズケーキを注文しようとしたものの、ここは、喫煙可。

タバコの煙に追い出されるかのようにお店を後に…。

惜しい…。

という事で翌日。
前日のコーヒーの美味さが忘れられずホテルをチェックアウトしてから再訪問。

ブラジル・レアチーズケーキ

朝は、9時からやっているとの事だったので10時過ぎ位に行くと、旅行者1名、同時に入ったご婦人2人だけだった。

タバコから逃れる為に、入り口に近い席を確保。

ブラジル

カップが中々持つ事が出来ない位熱い。

香りはナッツ系。
口に入れた瞬間一瞬酸味を感じるものの、そこまで強くは無い。
苦みもあまり感じない。

確かに中立的な味。

レアチーズケーキ

こちらも中々美味い。

レアチーズというより、チーズケーキとホイップクリームの間のような食感でさらっとした甘みと酸味でくどくなく、ベリーのソースの酸味が良いアクセント。

そして、出てくるのが早い。

しかも、マスターは、意外とガテン系の口調で職人気質を感じさせてくれる。

ケーキとは別の意味で、本当にレアな喫茶店だなと思った。笑