酒井珈琲

近所で見つけた地元の方の隠れ家カフェ

長野滞在中の事。
部屋から割と近かったので、
くつろぎスペースを求めて訪問。

創業が1981年。
かれこれ30年以上。
長い年月、カフェだけって凄い事ですね。

勝手に、苦しかっただろう時期や楽しかっただろう時期を想像。

外観は、一見すると古ぼけ気味。
内装は、素敵な趣を醸し出しています。
30年以上続いたカフェは有形文化財にして欲しい。

最近多い、小綺麗なカフェや古材を利用したカフェ。
それも素敵ですが、
時間の生み出す味わいって良いですね。

新しい木材が年月とともに
茶色く色濃くなっていくのが素敵です。

訪問したのが夕方。
常連さんは、男性ばかりでした。

男の隠れ家敵な佇まい。

飲み屋もそんなに行かない旦那さんが
「たまには独りの時間を・・・」と
立ち寄るには、丁度良いのかもしれません。

カウンター、テーブル、囲いカウンター。
そして、奥まって陰に隠れたテーブル席。
隠れ家の中に隠れ家が有ります。

入り口付近の席は、
冬でちょっと足下が寒かった。笑

>>訪問店レポート一覧へ