邪宗門

存在感に二度目は通りすがり出来ず訪問

以前、用事で湯沢方面へと行く途中、
チャペル風の存在感のあるカフェを発見。
しかも、『邪宗門』という思いっきり和テイストの名前。

苗場へ行った帰り道、
寄らずにはいられないという感じで訪問。

土曜の夕方でしたが、
店内は、常連と思われる紳士と二人組の女性が二組。

アンティーク調の店内。
重厚さと時間が作り出す落ち着きがとても素敵です。
ここまでのセンス。
物へのこだわりが伝わってきます。

もう少しで夕飯の時間帯だったものの、
ピザトーストを食べてみることに。。。
トーストも分厚くチーズもたっぷりで結構食べ応えが有ります。

ブレンドとパンプキンケーキ。
豆の香りが香ばしい、少し酸味のあるブレンド。
甘さ控えめでさっぱりしたパンプキンケーキだけど、
舌触りはきめ細かく濃厚です。

オーダー用紙の裏まで邪宗門テイスト。
他にもノートブックが各テーブルに有り、
「初デートの思い出の場所」なんていう書き込みなど有りました。

店内には、大小様々な振り子時計など有り、
時間を感じるものの時間を忘れてゆっくり出来る。
そんな空気感に包まれています。

■オーダー内容
ピザトースト:650円
ケーキセット:750円

>>訪問店レポート一覧へ