cafe みちくさ

10月26日:九州カフェ巡り旅5軒目

「佐賀県。どこ行こう・・・。」

県北なら七ツ釜などの観光名所が在るものの、電車では行くには遠いし、そこからバスを乗り継ぎと大変。

諦めて市内を散策。

結局、美術館へ行きジブリアニメの重鎮である「近藤善文展」を観覧。

アニメ制作の裏側が覗けた気がしたのと同時に、細部までこだわった作画力に脱帽。ただただ、唖然とするばかり。

しかも、生前は、多忙な状況でも常に課題を自らに課し、常に向上心を持っていたという人柄。そして、47歳というあまりにも早く天へと・・・。

人生について考えさせられる・・・。

髪の短いジブリのヒロインたちが魅力的だったのは、この人が自分の魂を吹き込んでいたからなのかもしれない。

美術館を後にして、少し歩きカフェへ。場所は、美術館からまっすぐ南下すると右手側にある小さなコーヒー店。

自家焙煎販売がメインらしく、喫茶スペースは4席のみ。

モカ・イルガチェフェ

安定のスペシャルティ。最後までしっかり甘みが感じられる。

そして、安い。350円で飲める。

コーヒーを飲みながら、長崎出身のマスターにコーヒーのおいしいお店やら長崎県民も自慢の夜景の魅力について知った。

一方、佐賀県内では、バルーンフェスタが近いという事を知り、その近くになるとホテルが中々取れないので、その前で良かった事を知った。

ちなみに、佐賀の人も遊びに行くなら福岡だそうな。

メニュー