炭焙煎珈琲凜本店

炭火の自家焙煎珈琲

自分の中で銀座でのカフェ探しがややブームとなり、炭火の自家焙煎珈琲が飲める人気店へ。

場所が少し見つけにくいというか、2階に在り、入り口も看板がちょんと出ている位で、この辺だろうなと探しても見つける事が出来ず、目前にあったにもかかわらず他の場所を探してしまった。

目印は、シネスイッチという映画館。この映画館も良い雰囲気出している。上映する映画も年齢層高めなんだけど、ここもまた素敵な映画館。

ブラジル:850円

いつも飲んでいるものよりブラジル豆の独特の風味は感じられなかったものの、味は控え目で雑味は無く飲みやすい。

酸味というよりは、甘みに近い丸さがあるのだけど、焙煎具合を聞くとフルシティローストとの事。

栗のムース:650円

甘みがしとやかで、見た目の控えめと裏腹に濃厚。コーヒーの口直しに丁度良い。

やはり、一杯では飲み足りない。という事でストレート追加オーダー。マンデリン:850円

香りがブラジルよりもはっきり強めだと思ったら、フレンチローストとの事だった。

店員も好んで買って帰るというだけのことはあり、香りも楽しめる良さがある。

さすがに、高いなと思ったものの、飲んで良かったなと思えるコーヒーだった。リピートも普通にアリだなと思えた。

そんな店内には、真っ赤なコーヒーミルが有る。訊くところによると、マスターが高校生のバイト時代の代物らしくその後、譲り受けて今に至るのだとか。

その後、二度ほど再訪問。