炭焙煎珈琲凜本店

炭火の自家焙煎珈琲

以前、銀座でカフェや喫茶店に入ってからというもの、
結構、お気に入りのエリアになってしまいました。
個性的なお店が探せば色々ありそうです。

創業も長く味のある喫茶店も多いように感じます。
という事で炭火の自家焙煎珈琲が飲める人気店へ。

場所が少し見つけにくいというか、
2階に在り、入り口も看板がちょんと出ている位で、
この辺だろうなと探しても見つける事が出来ず、
目前にあったにもかかわらず他の場所を探してしまいました。

目印は、シネスイッチという映画館。
この映画館も良い雰囲気出しています。
上映する映画も年齢層高めなんですが、
銀座の雰囲気と相まって良い空間です。

という事でコーヒー。
ブラジル:850円

いつも飲んでいるものより
ブラジル豆の独特の風味は感じられなかったものの、
味は控え目で雑味は無く飲みやすい。

残り香に炭火の香りが感じるような気がします。
酸味というよりは、甘みに近い丸さがあるのですが、
焙煎具合を聞くとフルシティローストとの事です。

ではでは、軽く甘味もいただくこととします。
栗のムース:650円

甘みがしとやかで、見た目の控えめと裏腹に濃厚です。
コーヒーの口直しに丁度良いです。

やはり、一杯では飲み足りない。
という事でストレート追加オーダー。
マンデリン:850円

香りがブラジルよりもはっきり強めだと思ったら、
こちらは、フルシティの上を行くフレンチローストとの事です。

店員さんも好んで買って帰るというだけのことはあり、
香りも楽しめる良さがあります。

さすがに、高いなと思ったものの、
飲んで良かったなと思えるコーヒーでした。
リピートも普通にアリだなと思えます。

そんな店内には、真っ赤なコーヒーミルが有ります。
実はコレ、マスターが高校生のバイト時代の代物らしく
その後、譲り受けて今に至るのだとか。

という事は・・・。

かなりの歴史でしょうか。
未だ現役という事で、
アンティーク感もさることながら貫禄すら感じます。

再訪問。
銀座の喫茶店は、ここが一番落ち着く。

>>訪問店レポート一覧へ