MicT

硝子 → 珈琲 → 硝子 → 寿司

呉羽山からガラス工房へと向かい少し見学。

ふと思い立ち、色つきガラスのコーヒーカップが無いのか探してみる。有るわけが無かった・・・。笑

その後、富山市内へと車を走らせ、自家焙煎豆の販売もしているカフェとして選んだのがこちら。

というか、検索してみてもストレートの豊富な自家焙煎のコーヒー店があまり見つけられなかった・・・。

ナビを頼りに向かうと、砂利の駐車場にたどり着くも満車。お店には、店の前に3台、それと、横手にある駐車場に8台程度停められるものの、土曜の午後3時で場所が無い・・・。

砂利の駐車場で立ち往生していると、地元の常連客に先を越される・・・。

結局、店前のスペースに停めて大丈夫かと店員に確認して場所を確保。

ここでは、ストレートの表記ではなくシングル。農園指定という事だろう。

ケーキセットが有ったのでそちらを注文。イチゴチーズケーキなる未開のスウィーツが有ったものの、それ以上に、そそられたティラミスをチョイス。

ケニアニエリ

はっきりグレープフルーツ系の味。香りは、ケニア独特の風味が軽く感じる程度。若干土っぽさも感じる。

カードには、このような説明。

ティラミス

舌触りがフワフワしていて甘さもほど良い。これは、美味い。

油断するとココアパウダーでむせそうになる。

自家焙煎のコーヒー豆屋でありながら、ケーキも美味いという事で攻守ともに整っている。

それでいて、女の子の好きそうなラテなどのメニューも有り、年齢、性別問わないのかなという印象。

その後、ガラス美術館でじっくり作品を見て回り、今度は、魚津港まで車を走らせ、駅近くで寿司屋に入る。

たまたまカウンターで隣り合わせた30歳近く年上の先輩も、車旅の最中という事で談話しながら食う寿司もまた良いものだった。